子どもの矯正 小児開咬

小児開咬

上の前歯が下の前歯がかみあわず隙間がある状態です。前歯でものを噛み切ることができません。

原因は指しゃぶりなどの悪い習慣から引き起こされている場合と骨格的な問題が原因である場合の二つに分けられます。
舌の位置が悪かったり、舌が上に持ち上がらないため上あごの幅が小さいことなどが特長としてあげられます。
同時に口で呼吸することが多く、鼻に病気があることも多く認められます。

子供の頃の治療としては、舌を突き出したり、指しゃぶりなどの癖があれば、まずそれらの除去から始まります。
また、同時に筋機能療法といってお口の周りの筋肉と舌のトレーニングを行います。
これらを行うことで良い方向へあごの成長を促します。

矯正前

 
 

矯正中

 
 

矯正後

 
 

この患者様は、舌の突出(舌癖)が原因の開咬でした。
前歯がかみ合わず咀嚼(食物を噛み砕き、消化しやすい状態にする)能力や発音に影響を与えるかみ合わせです。
舌の突出を抑えるタングクリブという装置と筋機能訓練(MFT)とを併用し、治療を行いました。

 

常盤矯正歯科医院